もぐナビホームへ > カテゴリ一覧 > カップ麺・袋めん・スープ > カップうどん・そば

開く

「カップうどん・そば」のおすすめ最新情報

カップうどん・そばの新発売・新商品情報

カップうどん・そばの新着クチコミ

  • 鰹節だしを利かせた醤油と砂糖を合わせたつゆに、のどごしのよいそばが良く合う。
    香ばしい小えびの天ぷらは、衣に玉ねぎの粉末を入れることで旨味とほのかな甘味がプラスされて、専門店のかき揚げのような味がつくられている。
    普段はカップ麺は食べないのですが、ドンキホーテのクーポンで税込79円だったのでつい買ってしまいました。この値段ならリピありですが、コンビニだと税込184円なので、リピはありません。... 続きを読む

    千尋の彼氏さん
    千尋の彼氏さん
    投稿日:2022/01/28 22:29:33 コメント(0)
  • 料理にネーミングは大事だよね。同じオムレツでもさ「美味しいオムレツ」なんてフツーに書くより「ふわふわたまごのオムレット」と書いたほうが食べたくなるじゃん。この商品の場合「至極の一杯」という言葉にやられちゃうわけよ。でもね、至極の一杯はシリーズの名称だよ。商品名は「コク小海老天そば」なんよ。フツーなら「小海老天そば」だろうけど「コク」が付いてるわけ。海老天ってコクのある食べ物かしらんって思うけど、フタに付いてる特製鰹だしつゆに「コクうまの雫」なんて書いてあるわけ。思わずコクコクと頷いちゃうわけよ。とっても美味しそうな響きやん。熱湯を注いで3分。フタを開けるとね、小海老さんたちが大勢いるわけ。こんにちはー。そこへ例の鰹だしつゆをインするんよ。するとどうでしょう。たらーりたらーりと「コクうまの雫」が落ちるじゃあーりませんか。もう気持ちが完全にネーミングに乗っ取られてるんだなこれが。んじゃ、いただきまーすと食べ始めたわけ。あれ?うっすーい。東日本風の味付けのはずなのに薄い。ちゃんと鰹だしの風味はする。でもちょっと上品すぎる。コクという言葉を2回も使うほどコクはないよ。これは名前負けしてる感じだなぁ。明星の至極の一杯シリーズはラーメンで始まって、後入れの調味油に「コクうまの雫」と書いたのだ。その流れで天そばを開発したからか、後入れのだしつゆはチョッと無理矢理な感じがするなぁ。至極と言うからには構成より味にこだわってほしいなぁ。と考えながら実食を終えたのであった。... 続きを読む

    3
    「明星食品 至極の一杯 コク小海老天そば カップ64g」のクチコミ画像 by めりけんさん
    めりけんさん
    めりけんさん
    投稿日:2022/01/27 08:19:12 コメント(0)
  • 「マルちゃん 鴨だしそば」結構なロングセラー商品ですねえ。発売された当初は期間限定品で消えていくのかなあと思ったら、しぶとく残ってくれていてありがたい。他のカップ蕎麦商品と違って液体スープなのがミソ。このスープがお蕎麦を引き立ててくれて体に染み渡る。実に美味しい。具材は小粒の鴨肉つみれ3粒とネギという潔いほどシンプルですが、おにぎりと一緒に食べると満足感が得られる一杯です。常に5個位はストックしておきたいカップ蕎麦。どん兵衛版も売っているけど、私は断然マルちゃん派です。こちらと共にミニ版もおすすめです。... 続きを読む

    やふまるさん
    やふまるさん
    投稿日:2022/01/27 12:30:21 コメント(0)