もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > 食べ比べ > セブンイレブンのハンバーグをとことん食べ比べてみた!全部で5種類!

セブンイレブンのハンバーグをとことん食べ比べてみた!全部で5種類!

セブンイレブンのハンバーグをとことん食べ比べてみた!全部で5種類!

こんにちは!YouTuberのあんみつです。

セブンイレブンへ行くと、チルドから冷凍までいろいろな種類のハンバーグが置いてありますよね。

地域によって差はありますが、私が実際に調べてみたところその数全部で5種類!

 

セブンイレブンのハンバーグのパッケージ

これらに味の違いはあるのでしょうか?

今回はこれらのハンバーグを以下の項目で5段階評価しながら食べ比べてみたいと思います!

・ボリューム
・柔らかさ
・ジューシーさ
・ソースの強さ

醤油が効いた「焼きハンバーグ 和風ソース」

セブンイレブン 「焼きハンバーグ 和風ソース」

まずは「焼きハンバーグ 和風ソース」(298円)から食べていきます!

こちらは冷凍コーナーで販売されています。製造元は日本ハム。

カロリーはハンバーグとソース合わせて348kcal、脂質は20.7gです。

 

セブンイレブン 「焼きハンバーグ 和風ソース」 レビュー

ハンバーグ自体の大きさは、5品の中で一番大きくボリューム満点の一品です!

ソースの量が多く、みりんと醤油が効いたソースがたっぷりかけられています。

 

セブンイレブン「焼きハンバーグ 和風ソース」の味わい

とても柔らかい食感で、噛んだ瞬間から肉汁がジューシーに口の中に広がっていきます!

豚肉と牛肉の両方が使われているようですが、牛肉の味わいのほうが強く感じられました。

和風ソースの中の大根おろしのおかげで、さっぱりと食べられます。

ボリューム  ★★★★★
柔らかさ   ★★★★☆
ジューシーさ ★★★★★
ソースの強さ ★★★★★

だしの旨みでご飯がもりもり進む「和風ハンバーグ」

セブンイレブン「和風ハンバーグ」のパッケージ

続いて試すのがこちら、「直火焼き仕上げのふっくらジューシー 和風ハンバーグ」( 198円)です。

こちらは冷蔵コーナーで販売されています。

製造元は伊藤ハム。カロリーはハンバーグ120gとソース25gを合わせて266kcal、脂質は15.4gです。

 

セブンイレブン「和風ハンバーグ」の中身

ソースは甘じょっぱめに出来ています。

大根おろしはやや少なめ。

 

セブンイレブン「和風ハンバーグ」のレビュー

食感はミートボールと似ています。ひき肉の粒感よりも、なめらかさが感じられます。

ダシがしっかり効いた濃いめの味付けなので、ご飯がモリモリ進みますよ!

5品の中では、ソースもハンバーグも一番油脂が少ないです。お弁当に入れたり、時間をおいて冷めてしまっても美味しく食べられるハンバーグです。

カロリーも脂質も5品の中で断トツに少ないので、ダイエット中の方や、消化に自信がない方はこちらがおすすめです!

ボリューム  ★☆☆☆☆
柔らかさ   ★☆☆☆☆
ジューシーさ ★☆☆☆☆
ソースの強さ ★★★★★

甘めの仕上がり「ハンバーグステーキ」

セブンイレブンの「オーブン焼きでうま味を閉じ込めた ハンバーグステーキ デミグラスソース仕立て」のパッケージ

3品目に紹介するのは、「オーブン焼きでうま味を閉じ込めた ハンバーグステーキ デミグラスソース仕立て」(289円)。

こちらは冷凍コーナーで売られている商品です。

製造元は日本ハム。カロリーはハンバーグ140gとソース40gを合わせて356kcal、脂質は23.4g。

5品中2番目にカロリーと脂質の多い商品です。

 

セブンイレブンの「オーブン焼きでうま味を閉じ込めた ハンバーグステーキ デミグラスソース仕立て」の中身

こちらは甘みのあるデミグラスソースを使っています。

 

セブンイレブンの「オーブン焼きでうま味を閉じ込めた ハンバーグステーキ デミグラスソース仕立て」のレビュー

食感が非常に柔らかくてジューシー。ひき肉自体が柔らく、野菜よりもお肉の旨味を強く感じます。ハンバーグ自体が甘めに仕上げられています。

甘口のハンバーグがお好きな方におすすめです。

ボリューム  ★★★☆☆
柔らかさ   ★★★★☆
ジューシーさ ★★★★★
ソースの強さ ★☆☆☆☆

「自家製デミグラスソースのハンバーグステーキ」

セブンイレブン「自家製デミグラスソースのハンバーグステーキ」のパッケージ

4品目は「自家製デミグラスソースのハンバーグステーキ」(198円)です。

こちらは冷蔵コーナーで販売されています。

製造元は日本ハム。カロリーはハンバーグ120gとソース30gを合わせて285kcal、脂質は19.1g。

5品中2番目に低脂質、低カロリーのハンバーグです。

 

セブンイレブン「自家製デミグラスソースのハンバーグステーキ」の中身

ソースは甘じょっぱいデミグラスソースです。

 

セブンイレブン「自家製デミグラスソースのハンバーグステーキ」のレビュー

牛肉の味がよく効いていて、ハンバーグ自体が味が濃く、パンのみならずご飯とも相性がよさそうです。

油っぽくなくさっぱりしているので、お弁当に向いています。

ボリューム  ★☆☆☆☆
柔らかさ   ★★☆☆☆
ジューシーさ ★★★☆☆
ソースの強さ ★★★★☆

フレンチレストランのお味「金の直火焼ハンバーグ」

セブンイレブン「黒毛牛肉(アンガス種)使用 金の直火焼ハンバーグ」のパッケージ

いよいよ最後は、「黒毛牛肉(アンガス種)使用 金の直火焼ハンバーグ」(398円)。

こちらも冷蔵コーナーで販売されています。製造元は日本ハム。

カロリーはハンバーグ145gとソース65g合わせて415kcal、脂質は27.3gです。

 

セブンイレブン「黒毛牛肉(アンガス種)使用 金の直火焼ハンバーグ」の中身

ソースは甘じょっぱく濃厚なデミグラスソース。

一口食べた瞬間、洋食屋さんのデミグラスソースのイメージがぱっと頭に浮かびます。

原材料を見ると、このハンバーグにのみ「フォンドボー」が出汁に使われているようです。

 

セブンイレブン「黒毛牛肉(アンガス種)使用 金の直火焼ハンバーグ」のレビュー

肉の味は他の4品とは全く違います。豚肉は使っておらず、アンガス種の黒毛牛肉だけを使っています。

ハンバーグ自体が甘めにできていて、フレンチレストランでてくるような本格的なハンバーグの味がします。

冷めると脂が固まるので、お弁当などには向いていません。

ボリューム  ★★★★☆
柔らかさ   ★★★☆☆
ジューシーさ ★★☆☆☆
ソースの強さ ★★★★☆

ハンバーグもピンからキリまで!

今回はカロリーと脂質などをピックアップしてレポートしてみました。

それぞれに魅力をもっているので、食べ比べてみると面白いですよー!

シチュエーションや好みに合わせて、ハンバーグを選ぶ際の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

「セブン-イレブン」のニュース一覧

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

もぐナビニュース

PickUpクチコミ

やにゃさん

何度もいただいてますが…今回はフレトーで!

ずーっと前から何度もいただいてますが、あまりにも定番すぎて最近は食べていなかったのが事実…。
実は前から気になっていた、ランチパックでフレンチトーストするアレンジレシピを、今回試してみることにしました!

・卵1個
・牛乳100cc
・砂糖7〜8gくらい(なくても良かったかも?)
を浅くて大きめのお皿に混ぜておき、それにランチパックをまず片面浸し、5分以上つけてひっくり返したら、そのままラップして一晩冷蔵保存。
翌朝、バターやマーガリンを熱したフライパンで、こんがり焼き色がつくまで加熱して出来上がり♡

ランチパックのふんわり食パンにしっかりフィリングがしみこんで、とろとろ♡
更に、ピーナツクリームも加熱されてとろっとろ♡♡(//∇//)
甘いしとろとろ食感だしでこりゃウマー(^^) ま、まずくなりようが無いですけど(笑)

そんなこんなで正規の評価方法では無いかもですが、フレンチトーストでも美味しいということで、私の中ではかなりの高評価w
いろんなランチパックで試してみたくなりました。
ちなみに、お惣菜系は砂糖を抜いて、パルメザンチーズ混ぜたり、塩胡椒混ぜたりしたフィリングで作ると美味しいようですよ♪

ごちそうさまでした(*´꒳`*)

#もぐアレンジ
#アレンジレシピ
#ランチパックでフレンチトースト
#ランパ
ヤマザキ ランチパック ピーナッツ 袋2個