もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > 食べ比べ > 【コンビニおにぎり食べ比べ】セブン、ファミマ、ローソンの辛子明太子を徹…

【コンビニおにぎり食べ比べ】セブン、ファミマ、ローソンの辛子明太子を徹底比較!

コンビニ各社で主力商品のひとつである「おにぎり」。

今回食べ比べてみたのは、ピリッと辛い大人味がクセになる『辛子明太子』です。見た目は同じように見えますが、中身はどう違うのでしょうか?

ということで今回は味のほか、辛子明太子の量にも注目してみました!

選んだのはこちらの4品

  • 左上:セブン-イレブン 金のおむすび 北海道産辛子明太子(税込198円)
  • 右上:セブン-イレブン 手巻おにぎり 熟成仕立て辛子明太子(税込140円)
  • 左下:ローソン 手巻おにぎり 辛子明太子(税込140円)
  • 右下:ファミリーマート 手巻 辛子明太子(税込140円)

新発売の「金のおむすび」以外は、コンビニでもおなじみの辛子明太子おにぎりですね。価格も3商品は税込140円と並んでいます。それではひとつひとつの特徴を詳しく見ていきましょう。

セブン-イレブン「金のおむすび 北海道産辛子明太子」

2018年1月30日に発売したセブン-イレブンの「金のおむすび 北海道産辛子明太子」。他の3品よりおにぎりが大きく、価格も高めです。

中の具は北海道で水揚げされた、すけそうだらの卵を使った辛子明太子です。しかし半分に割ると分かる通り、辛子明太子もギッシリ。これは食べごたえがありそう。

セブン-イレブン 手巻おにぎり 熟成仕立て辛子明太子

上と同じセブン-イレブンですが、こちらは熟成仕立てのおにぎり。ちなみにセブン-イレブンのおにぎりはどれも九州・有明海産の焼海苔を使っています。

金のおむすびに比べると小ぶりではありますが、明太子の量は多い印象。水分が多くツヤがありますね。

ローソン 手巻おにぎり 辛子明太子

ピンクのパッケージが鮮やかなローソンの「おにぎり屋 手巻おにぎり 辛子明太子」。ローソンのおにぎりはおにぎり専用の国産米とパリパリ食感の焼き海苔、海水から製塩した瀬戸備前のにがり塩を使っていることが特徴です。

さらに、以前のものから原料の配合割合の見直しを図り、より明太子の食感を感じられる仕立てになっているそう。

ファミリーマート 手巻 辛子明太子

ファミリーマートの「手巻 辛子明太子」。有明産の海苔と瀬戸内の藻塩振り塩しているというファミマのおにぎりの特徴に加え、7日間熟成した切れ子の明太子入りというのがポイントです。

パッケージ側面には保存料、合成着色料、甘味料不使用という記載もあり。カットするとごはんがほろっと崩れます。口当たりが良くなるよう、ふっくらと握られているのかもしれません。

続いては中具である辛子明太子を取り出し、それぞれの重さをはかっていきたいと思います。

まずはおにぎりそのものの重さをチェック

家庭用のデジタルスケールで調査

おにぎりの重さについては、左上:ローソン 99g、右上:ファミリーマート 104g、左下:セブン金のおむすび 113g、セブン手巻き:106gになりました。

金のおむすびは圧倒的なボリューム感ですが、同じ価格帯でもグラム数にバラつきがあるようです。

それでは辛子明太子を取り出してみましょう。

真ん中にある丸い小皿が、取り出した各品の辛子明太子です

辛子明太子と一緒にごはんもくっついてきてしまうので、純粋な明太子量ははかれませんでした…。あくまで推定と思っていただきたいのですが、結果は以下の通りになりました。

左上:ローソン 6g、右上:ファミリーマート 6g、左下:セブン金のおむすび 11g、セブン手巻き:8g

ここでも金のおむすびが11gと群を抜いて多いです。同価格の3商品では、セブンの手巻きが8g、次いでローソンとファミマが同量の6gとなっています。

それぞれの味わいは?

各商品を食べ比べてみると…

左上:セブン-イレブン 金のおむすび 北海道産辛子明太子
大きめにカットされた辛子明太子がゴロゴロ。少しかために炊かれたごはんは粒が大きく食べごたえあり。ごはんの塩味は控えめだからか辛子明太子の辛みが際立ちます。200円弱と高めではありますが、しっかり満足感が得られるおむすびです。

右上:セブン-イレブン 手巻おにぎり 熟成仕立て辛子明太子
辛子明太子の辛みは若干控えめでマイルドな味わいです。ごはんは上の金のおむすびと同じですが、かためなのでたらこの粒と絡み合います。海苔の風味もよく、ごはんをしっとりと包んでいます。

左下:ローソン 手巻おにぎり 辛子明太子
ほかの4品より辛子明太子の塩味と辛みを強く感じます。ごはんはあっさりした甘さがあるような印象。「辛めの明太子が好き」という人におすすめしたい品です。

右下:ファミリーマート 手巻 辛子明太子
撮影の間、海苔のパリパリ感が一番持続していたのが本品。食べると塩気の効いたごはんがほろほろと柔らかくほどけていきました。辛子明太子は甘さのあとにじわじわ辛みが来て、海苔・ごはん・明太子のバランスの良さを感じます。

最後にまとめてみました

まとめとして、4品の特徴を一覧にしてみました。同じ“辛子明太子”でも、やはり違いはあるものですね。

みなさんが食べてみたい辛子明太子おにぎりはありましたでしょうか?「ピリ辛が好き」「パリパリ海苔が好き」「おにぎりひとつで済ませたい」など、選ぶ基準は人それぞれですよね。みなさんがコンビニでおにぎりを選ぶ一考になればいいなと思います。

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

おすすめ情報
【PR】

もぐナビニュース

注目クチコミ!

次の3件を見る