もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > 食レポ > \ローソンスイーツを食レポ♪/素朴なようで洗練された、「濃密カヌレ」は大人のお菓子!

\ローソンスイーツを食レポ♪/素朴なようで洗練された、「濃密カヌレ」は大人のお菓子!

ローソン「濃密カヌレ」

カヌレというお菓子をご存じでしょうか。

もともとはフランスはボルドー地方の郷土菓子。

カヌレ・ド・ボルドー(cannelé de Bordeaux)というのが正式名称となっています。

日本では1990年代後半に紹介され、一大ブームとなりました。

ローソン「濃密カヌレ」

今回ご紹介するのはローソンから発売された、再びブームのそのお菓子。

カリッともっちり、ラム酒が香る「濃密カヌレ」です。

まずは原材料を見ていきましょう。

原材料欄。
カロリー161kcal。

まず記載があるのはなんと牛乳です。

続いて砂糖や小麦粉をブレンドしたミックス粉、卵黄・全卵、ラム酒、バニラシードなど。

沸かした牛乳に粉や砂糖、バターなどを加えて作るカヌレのレシピどおりのようですね。

ゼリーやパン酵母が使われているのがちょっと面白いところ。

カリッとしっかり焼き目がつけられた表面。
“カヌレ型”と呼ばれる、独特の形に焼き上げられています

側面はぐるっと一周縦の溝に覆われ、天面にも続く溝の中央は少しくぼんだかたち。

これこそ独特の、“カヌレ型”というやつです。

そもそも“カヌレ”とは“溝のついた”という意味なんだとか。

焦げ茶色にしっかり焼き上げられた表面は、いかにもカリッと香ばしそう。

カリッと焦げ茶の表面に対し、中はもっちり黄色い生地。
内と外との対比が面白いです

表面は堅く香ばしく、ほろ苦さをまとわせた深い甘さ。

対して中はもったりと、しっとりとしたカスタード味となっています。

バニラとラム酒が織りなす香りが、なんともぜいたくな心持ち。

素朴なようで洗練された、豊かな風味のお菓子でした。

焦げ目とラムが大人の味わい

外はカリカリ、中はもっちり。

そんな食感の対比も楽しいですが、その風味にも目を向けたいところ。

焦げ目と言っていいほどの表面はほろ苦く、味わいに深みを持たせています。

そしてほのかに漂うラムの香りも、バニラの甘さに奥行きを。

甘くビターな大人の味わい、噛み締めてみてはいかがでしょう。

気になったらぜひ、体験してみてくださいね!

記事へのクチコミをするには
会員登録

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

もぐナビニュース