もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > 食レポ > 夢のコラボ実現!ハーベスト×キャラメルコーンでここに名菓誕生

夢のコラボ実現!ハーベスト×キャラメルコーンでここに名菓誕生

東ハトから「ハーベスト キャラメルコーン味」が、8月28日より発売されました!

ハーベストとキャラメルコーンという、人気定番商品の夢のコラボーレーション。こんなワクワクする商品がすでにお店に並んでいるなんて、試さずにはいられません。

少し気になったのは、ハーベストとキャラメルコーン、一体どっちの味の方が強いのだろう?ということです。

試したみた結果、「どちらの味もしっかりする」が答えでしたが、その味の内容は驚くべきものでしたので、詳しくお伝えしたいと思います!

真っ赤な外装はキャラメルコーンの印象大

パッケージは全身赤で、ハーベストよりキャラメルコーンの印象が強めにでています。

中央にはハーベストとキャラメルコーンのキャラクターが描かれていて、とても可愛らしいです。

中身は4枚入り1包の個包装が8セット。1包あたりのカロリーは65kcalなので、全体で65kcal×8包=520kcalです。

それでは中身を見ていきましょう。せっかくなので、通常のハーベストと比べてみました。

色&形&香りをチェック!

左が通常のハーベスト、そして右がキャラメルコーン味です。

見た目はほとんど一緒ですが、通常のハーベストはゴマが入っています。また、キャラメルコーン味の方が全体的にこんがりとした焼き色をしています。

焼き色がついているからか、表面全体のザラメが目立ちます。

ちなみに、今回の「ハーベスト キャラメルコーン味」は、細かく砕いた「キャラメルコーン」とキャラメルペースト、ピーナッツバターを生地に練り込み、香ばしく焼きあげたものだそうです。

キャラメルコーンとも比べてみます。形も色も全然違いますが、香りは同じ。

気になるお味は…?

そして、気になるお味はというと…形や食感の印象が強いからか、食べているときはハーベストの存在のほうが大きく感じます。

しかし、その後に味と香りがしばらく残るので、食べ終わった直後はキャラメルコーンの存在が大きくなります。

まとめると、自己主張するでもなく、均等に主張しているでもなく、まるでデュエットのようにお互いのパートを引き立て合い、一つの名曲ならぬ名菓が誕生した!といった感じでしょうか。

これはあくまで個人的な感想なので、みなさんは実際どう感じるか試してみてください。

記事へのクチコミをするには
会員登録

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

もぐナビニュース

PickUpクチコミ

御飯野友子さん

コロネ・メロネ・ゴメンネ❤︎

朝ごはんに食べました。

お久しぶりーふ。

どうも、御飯野友子です(´・ω・`)

GW最終日ですね。皆々さま、いかがお過ごしでしょうか??

友子は別にマスク工場勤務じゃないのに忙しくて、とうとう眉と眉の間に第三の眼という名の吹き出物を作ってしまった次第であります。

これはもうマスクじゃリカバリーできない領域なので、ファンデファンデアンドファンデを施して、不自然な肌色の突起物を携えて今日一日を過ごしましたぴえん(´;ω;`)

そんな悲しみの癒してくれるのは、やっぱりアイラブ菓子パンに限るよね〜というわけで…ザキヤマさんの5月の新商品「メロネ」を頂きマンモス。

袋から取り出してみると、ふんわり香るメロンの香り。だけど悲しいかな、アンナチュラルなメロンの香り。

表面はすごくペトペトしてる。保存状態があまりよろしくなかったのかな、すごくペトペトしてる。

対してパン生地は、ドライで歯切れが良くてパサパサしてる。賞味期限が6日だったからかな、ちょっとパサパサしてる。

ここまではdisって叩いてジャンケンポンな辛口レビューになってしまったけれど、一気にそれを払拭してくれるのがこちら。

メロネというネーミングだけあって、やはり形はメロンパン×コロネ。中にはミルクホイップが注入されています。

これがもう文句言わせぬたっぷりんちょ具合。「おいおい、ここいらでコスト削減しやがったなこのヤロー」と悪態つきながら望遠鏡を覗く仕草などしなくてもいいたっぷりんちょ具合。

甘さも甘すぎず、かと言って物足りなさも感じさせない口溶けのいいミルクホイップです。

あゝなんだかんだほざきまくっているけれど美味しいです(´・ω・`)

ただの八つ当たりなのです。

皆々さまも美味しいもの食べ物をサウンドバッグにして、せめて精神衛生状態は保ちましょうぞ!!

ごちそう様でした。
ヤマザキ メロネ 袋1個