もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > 試食会・発表会 > 伊藤園「旬の抹茶“口切り”PRイベント」に行ってきました

伊藤園「旬の抹茶“口切り”PRイベント」に行ってきました

ティーテイスターの伊藤園・志賀紀子さん

抹茶にも旬があるのをご存知ですか?

その旬の抹茶を使った「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」が伊藤園より11月27日(月)より販売されます。

三浦春馬さんが「旬の抹茶“口切り”PRイベント」に登場

京都府産のお茶会用抹茶を使用した「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」(525ml・600mlペットボトル)のTV-CM「抹茶の旬」篇を12月1日(金)より放映

伊藤園「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」のCMキャラクターである俳優の三浦春馬さんが、旬の抹茶“口切り”PRイベントに登場。新鮮な抹茶を詰めたつぼの口封を切って取り出し、茶臼でひいて粉末にする体験。

伊藤園の「旬の抹茶“口切り”PRイベント」で抹茶をひく俳優の三浦春馬さん

CMではお茶屋の娘さんが石臼で抹茶をひいていましたが、イベントでは三浦さんご自身で抹茶をひいてしました。

三浦さんはその自分でひいた抹茶を「実に味わいが深くて贅沢な気持ちです。至福の時でした」と語っていました。

そもそも抹茶の旬って?

茶の湯の世界で行われる「口切りの茶事(ちゃじ)(※)」。そこで使われるのは秋までじっくりと低温保存で熟成させたお茶会用抹茶。秋までじっくりと低温保存で熟成されているので、この「口切りの茶事」が行われる11月頃が抹茶の旬というわけ。

※春に摘んだ新茶を茶壷に入れ、 壷の口を封じて熟成させ、 茶の湯の世界の正月にあたる立冬ごろに壷の口を切ってその年のお茶を初めて味わう茶会のこと

この季節だけの贅沢な味わい

「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」は、秋までじっくりと低温保存で熟成させたお茶会用抹茶(京都府産)を使用した抹茶入り。熟成することで苦渋みがとれたあまみは、この季節だけの贅沢な味わいです。

 

ブランド:
メーカー:

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

おすすめ情報
【PR】

もぐナビニュース

PickUpクチコミ

しじょうさん

また出会える日を夢見て

この時期になるとこの商品を呼吸するように食べていたのを思い出します。
今から2年前のこと、大好きなチョコフレークから大好きなアイスとのコラボとのことで発売日当日は朝からコンビニに向かいました。そこからこのアイスの虜になった私……。

チョコフレークに覆われたバニラアイスの中から溢れるチョコソース……チョコ好きの私にとってこれの右に出るアイスには未だに出会えていません。

いや、寧ろこの商品に再び出会いたくてしょうがないのです。

昨年の冬もまた出会えると思ってずっと吉報を待っていましたがその想いは虚しく、今から数ヶ月前に森永のチョコフレーク製造終了のニュースが流れたのも記憶に新しいです。

そして今年の冬も君に出会えないまま年を越してしまいそうです。
もう一度でいいからあの味わいに出会いたい。
チョコフレークからの〜バニラアイスからの〜チョコソース……完璧か……。完全に甘党の私にとって甘々している仕上がりもとても大好きでした。

自分なりに相当お金を費やした商品だと思ってます。☆6は次出会えることを期待しての−1です。
製造終了と共にこの商品の復活の夢も散ってしまうのでしょうか……ああもう一度口に出来たら……そう思う平成最後の冬です。
森永製菓 チョコフレークバー 袋95ml