もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > 試食会・発表会 > 伊藤園「旬の抹茶“口切り”PRイベント」に行ってきました

伊藤園「旬の抹茶“口切り”PRイベント」に行ってきました

ティーテイスターの伊藤園・志賀紀子さん

抹茶にも旬があるのをご存知ですか?

その旬の抹茶を使った「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」が伊藤園より11月27日(月)より販売されます。

三浦春馬さんが「旬の抹茶“口切り”PRイベント」に登場

京都府産のお茶会用抹茶を使用した「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」(525ml・600mlペットボトル)のTV-CM「抹茶の旬」篇を12月1日(金)より放映

伊藤園「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」のCMキャラクターである俳優の三浦春馬さんが、旬の抹茶“口切り”PRイベントに登場。新鮮な抹茶を詰めたつぼの口封を切って取り出し、茶臼でひいて粉末にする体験。

伊藤園の「旬の抹茶“口切り”PRイベント」で抹茶をひく俳優の三浦春馬さん

CMではお茶屋の娘さんが石臼で抹茶をひいていましたが、イベントでは三浦さんご自身で抹茶をひいてしました。

三浦さんはその自分でひいた抹茶を「実に味わいが深くて贅沢な気持ちです。至福の時でした」と語っていました。

そもそも抹茶の旬って?

茶の湯の世界で行われる「口切りの茶事(ちゃじ)(※)」。そこで使われるのは秋までじっくりと低温保存で熟成させたお茶会用抹茶。秋までじっくりと低温保存で熟成されているので、この「口切りの茶事」が行われる11月頃が抹茶の旬というわけ。

※春に摘んだ新茶を茶壷に入れ、 壷の口を封じて熟成させ、 茶の湯の世界の正月にあたる立冬ごろに壷の口を切ってその年のお茶を初めて味わう茶会のこと

この季節だけの贅沢な味わい

「氷水出し 抹茶入り お~いお茶」は、秋までじっくりと低温保存で熟成させたお茶会用抹茶(京都府産)を使用した抹茶入り。熟成することで苦渋みがとれたあまみは、この季節だけの贅沢な味わいです。

 

ブランド:
メーカー:

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

おすすめ情報
【PR】

もぐナビニュース

注目クチコミ!

次の3件を見る