もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > 試食会・発表会 > 【カフェインゼロ】あま香ばしい「キリン 麦茶」と深煎り焙煎「麦のカフェ…

【カフェインゼロ】あま香ばしい「キリン 麦茶」と深煎り焙煎「麦のカフェ CEBADA」が新発売

【カフェインゼロ・カロリーゼロ】あま香ばしい「キリン 麦茶」と深煎り焙煎「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA」が新発売

ビールは麦から。キリンビールの発売から130年!キリングループのキリンビバレッジから「麦のイノベーション宣言」ということで、新しいノンアルコールの麦系飲料が新発売されます。

「キリン 麦茶」「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」の2商品です。

それぞれどのような麦の”イノベーション”があるのでしょうか?

麦にはいろんな「種類」がある

一口に「麦」といってもいろんな種類があります。

「キリン 麦茶」のイノベーションは「麦の殻をむいた」ことです。

甘さを引き出すために殻をむいた麦を一部使用。麦を膨らせたり、弾けさせたりしながら焙煎し、麦本来の甘みや雑味のない味わいを引き出しました。

「焙煎」によって味が変わる

続いては麦の加工方法です。

コーヒー豆と同様に麦も「焙煎」によって味に変化が生まれます。

「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA」のイノベーションは、「大麦を極限まで深炒り焙煎した」ことです。コーヒー用の焙煎機を使用しています。

またスペイン・レバンテ地方で学んだ「アグア・デ・セバダ」の抽出方法をヒントにして、丁寧にドリップしています。

パッケージには「麦がくれた、コーヒー気分」とあるように、淹れ方も味わいもコーヒーと同じです。

「マツコの知らない世界」に登場した、世界一の焙煎士・後藤直紀さんが登壇

キリンビバレッジ(株)マーケティング部ブランドマネージャー菅谷英子さん、焙煎士・後藤直紀さん、はだか麦・もち麦に含まれる食物繊維の研究をされている愛媛大学大学院農学研究科・渡部保夫教授

「マツコの知らない世界」で、世界一の焙煎士としてコーヒーの美味しい飲み方教えてくれた、焙煎士の後藤直紀さんが新商品発表会に登壇。

実際にコーヒーの焙煎機に麦をかけたものも展示されていました。

焙煎で色がかなり変わるのがわかります。

「麦の焙煎は初めてでしたがとても面白い体験でした」と後藤さん。

新しく発売される「キリン 麦茶」、現在発売中の「キリン 香ばし麦茶」、手前が「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」

「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA」を飲んだ後藤さんは「コーヒーのような飲み口から、飲んだ後はほんのり麦の甘さが残りますね」とコメント。

確かにコールドブリューで飲む水出しアイスコーヒーのようなさわやかな味でした。

カフェインゼロ・カロリーゼロな麦系飲料

ほんのりあまい飲み口の「キリン 麦茶」(5月15日発売)。

さわやかなコクとすっきりとした飲み口の「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」(7月24日発売)。

どちらもカフェインゼロ・カロリーゼロです。とてもヘルシーな飲み物です。

ちょっとのどが渇いたな、ひと口飲んでリラックスしたいなというときにぜひ飲んでみてください。

こちらもどうぞ>>

「キリンビバレッジ」のニュース一覧

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

おすすめ情報
【PR】

もぐナビニュース

注目クチコミ!

次の3件を見る