もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > まとめ > 冷凍チャーハン12種類を徹底比較!旨みの濃さ&パラパラ度で比べてみた

冷凍チャーハン12種類を徹底比較!旨みの濃さ&パラパラ度で比べてみた

冷凍チャーハン12種類を調査!旨みの濃さ&パラパラ度を食べ比べしてみた

電子レンジやフライパンで調理OK!自宅やオフィスで本格的な味が楽しめる冷凍チャーハン。

近年はたくさんの種類が発売されていますが、どんな特徴があるのでしょうか?

今回はスーパーやコンビニで買える『冷凍チャーハン』12種類を徹底調査!

「旨みの濃さ」と「パラパラ度」で食べ比べてみました。  

1.セブン-イレブン『炒め油香るチャーハン(カップ)』

旨みの濃さ:★★★★☆
パラパラ度:★★★★★

「セブン‐イレブン」と「味の素」が共同開発した、カップタイプのチャーハン。お皿は不要で、いつでもどこでも食べられます。

そのまま電子レンジで温めたのち、軽く混ぜれば出来上がりです。

ラードとごま油をダブル使いしているため、香りが抜群に良い!家で作るチャーハンとはひと味違うことがすぐに伝わります。

お米のパラパラ感も強く、お米の一粒ずつに旨みがしっかり。卵やチャーシューはしっとりやわらかな仕上がりです。

コショウなどのスパイス感はそれほど感じないシンプルな味わい。お子さんからご年配の方まで受け入れられそうです。

2.セブン-イレブン「直火炒め極上炒飯」

旨みの濃さ:★★☆☆☆
パラパラ度:★★★★☆

先ほどと同じセブン‐イレブンでも、こちらは袋タイプのチャーハン。「ニチレイフーズ」との共同開発品です。

濃い目の色合いですが、味は意外にあっさり。醤油ベースで和風寄りのチャーハンといった印象です。

お米は一粒ずつがほぐれるほどパラパラ加減も強め。

卵は固めな仕上がりで、焼き目がつくほどしっかりと炒めているようです。チャーシューの香ばしさが利いています。

3.ファミリーマート「お母さん食堂 パラッと炒めチャーハン」

旨みの濃さ:★★★★★
パラパラ度:★★☆☆☆

「ファミリーマート」と「ニチレイフーズ」の共同開発商品。

これまでのチャーハンよりもしっとり。パラパラ感よりもふっくらとしたお米の食感が伝わります。

卵など、具は全体的に小さめ。スプーンひとすくいですべての具材が盛れる感じです。

香ばしいネギの香りが漂うなか、ひと口食べると焼豚の旨みがよく利いています。

よりパラパラ感を求める場合は、電子レンジよりフライパン調理がおすすめかもしれません。

4.ローソンセレクト「炒めネギとXO醤の旨み 高温でパラッと炒めた五目炒飯」

旨みの濃さ:★★★★★
パラパラ度:★☆☆☆☆

卵、ネギ、焼豚、タケノコ、シイタケと5種類の具材がたっぷり入っている、ローソンセレクトのチャーハン。

製造元は「テーブルマーク」です。

パラパラ感は弱く、かなりしっとりしたチャーハンです。

原材料にほたてパウダーが入っているのが特徴的。焼豚だけでなく魚介の旨みもお米にしっかり伝わっています。

具材の豊富さが味の奥行きを生み出しているため、複雑な味わいが楽しめます。

5.セブン-イレブン「すみれ チャーハン」

旨みの濃さ:★★★☆☆
パラパラ度:★★☆☆☆

札幌の超有名ラーメン店「すみれ」のチャーハンを再現した本品。製造元は「ニチレイフーズ」。

炊きたてごはんをラードでさっと炒めており、しっとりタイプの仕上がりです。

ネギの代わりに青味としてグリーンピースがアクセントになっています。

食べると、香ばしい焦がししょうゆが口の中に広がり、後味はコショウの爽快感。

味染みの良い焼豚は噛むほどに旨みが増します。シンプルでずっと飽きずに食べられる美味しさですね。

6.ニチレイ「具材たっぷり 五目炒飯」

旨みの濃さ:★★★☆☆
パラパラ度:★★☆☆☆

今回の食べ比べで最多!7種類の具材を使用している「ニチレイ 具材たっぷり 五目炒飯」。

ネギ、卵、焼豚、ニンジン、タケノコ、シイタケ、キクラゲが入っており、さらに現在具材量10%増量中です。

お米の粒が大きめ。しっとりしていますが、一粒ずつの食感がしっかりわかります。

具材はアクセントとしてだけでなく、味や食感も楽しみに。

とくにタケノコのシャリシャリとした食感がクセになります♪焼豚はゴロゴロと大きめ。食べ応えを求める方におすすめです!

7.ニチレイ「本格炒め炒飯」

旨みの濃さ:★★★★☆
パラパラ度:★★★☆☆

冷凍調理・炒飯カテゴリーの販売で18年連続売上No.1を誇る「ニチレイ 本格炒め炒飯」。

先ほどご紹介した「具材たっぷり 五目炒飯」よりも具材はシンプルですが、こちらのほうが香ばしさは強め。

自社製の焦がしネギ油を隠し味に使用しているだけでなく、中華料理屋のテクニックである「鍋肌しょうゆ」を再現し、風味アップを工夫しています。

また、こちらの方が「具材たっぷり 五目炒飯」より、お米のパラパラ感あり。

粒ひとつひとつがしっかりとコーティングされているように感じられ、より本格的な味わいが楽しめます。

8.マルハ「あおり炒めの焼豚炒飯」

旨みの濃さ:★★★★★
パラパラ度:★★★☆☆

赤坂璃宮のオーナー、譚彦彬シェフ直伝の「あおり炒め製法」を用いた本品。

これまでの商品よりも“焼豚”感が非常に強く出ています。まさに名前の通り!

焼豚に独特の燻製風味があり、噛むたびにふわりと香るのがとても良いですね。

お米にも旨みがしっかりついて、食べ終わりの余韻が大きいのが魅力的。パラパラ感とふっくら感がどちらもバランスよく楽しめます。

卵は小さいもの、大きいものとバラバラですが、手作りの温かみのようなものも感じられました。

9.味の素「焦がしにんにくのマー油と葱油が香る ザ☆チャーハン」

旨みの濃さ:★★★★☆
パラパラ度:★★★★☆

焦がしにんにくのマー油と、葱油の香ばしさが食欲をそそる「ザ☆チャーハン」。

色は薄めの仕上がりで、チャーハンというよりガーリックピラフのような、ガツンとした香りと味が楽しめる品です。コショウがしっかり利いていてパンチあり!

お肉もゴロゴロとボリュームがあり、お米のパラパラ具合もちょうど良くあります。

この美味しさはやみつきになりそう。どっぷり浸りたい方、必食です!

10.トップバリュ「にんにく油とねぎ油 香味チャーハン」

旨みの濃さ:★★★★★
パラパラ度:★★★☆☆

イオンのプライベートブランド、トップバリュから発売の本品。名前の通り、香りがとても良いですね!

食べる前からニンニクとネギのダブル油の風味が漂い、食欲をかきたてます。

お米のパラパラ感は控えめで、しっとり感の方が強いですね。

焼豚の味もしっかりついています。豚骨ラーメンを思わせるような、クセになる深い味わい。

後味にコショウがピリッと舌を刺激。もうひと口…と食べたくなるようなチャーハンです。

11.ローソンセレクト「5種の具材を入れ ふっくらパラッと仕上げた」

旨みの濃さ:★★★☆☆
パラパラ度:★☆☆☆☆

ネギ、人参、タケノコ、卵、焼豚と、5種の具材をたっぷり使ったチャーハン。製造元は「ニチレイフーズ」です。

あっさりしていながらもタケノコと豚肉の味わいがよく出ていて、町中華のような親しみやすさがあります。

パラパラ感は少なめで、しっとりした仕上がり。

全体的に小さめの具材なので、色々な味をひと口で食べられるのも良いですね。

12.マルハニチロ「WILDish 焼豚五目炒飯」

旨みの濃さ:★☆☆☆☆
パラパラ度:★★★★★

お皿のいらない「スタンディングパッケージ」を使用した本品。

自宅でもオフィスでも、パッと食べたい時に調理できるのが気楽で良いですね。

こちらは中国醤油を使っています。たまり醤油のような独特の風味があり、中華屋さんで食べるような本格派な味わいです。

お米のパラパラ度も強め。タケノコ、シイタケなど野菜のカットは小さめですが、卵と焼豚は大きめ。

とくに卵は焼き目が強くつくほど高温で炒められていて、食べているあいだずっと香ばしさが楽しめます。

おすすめはコレ!

ひとくちに「冷凍チャーハン」と言っても、さまざまな特徴がありますね!

最後に、お好み別のおすすめをご紹介します!

パラッとほぐれるチャーハンが好きなら…

『セブン‐イレブン炒め油香るチャーハン』がおすすめ!

温めてから混ぜると空気が全体に行き渡り、パラパラ感がグッと出てきます。

しっとり系が好きなら…

『セブン-イレブンすみれ チャーハン』がイチオシ!

べたつかずふっくらとしたごはんと、シンプルで飽きない美味しさが楽しめます。

旨みの濃さを重視するなら…

これは正直、とても迷うのですが…強いて言うなら、『マルハニチロ あおり炒めの焼豚炒飯』、『マルハニチロ WILDish 焼豚五目炒飯』がおすすめ。

焼豚の燻味がクセになる「あおり炒め」と、こだわりの中国醤油を使い具材の旨みを引き出した「WILDish」。旨みと香りの良さの両方が楽しめます。

パラパラ&しっとりのバランスが良いのは…?

これはやはり、大ロングセラーの「ニチレイ『本格炒め炒飯』」を置いてほかにありません。

シンプルながらも、中華料理屋で食べるような本格的な味わい。家に常備しておきたくなるような安心感があります。

みなさんもぜひ、お好みのチャーハンを探してみてはいかがでしょうか?

「冷凍食品」のニュース一覧

 

記事へのクチコミをするには
会員登録

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

おすすめ情報
【PR】

もぐナビニュース