もぐナビホームへ > もぐナビニュース一覧 > まとめ > 食品のNo.1が決定!もぐナビ「ベストフードアワード2018」

食品のNo.1が決定!もぐナビ「ベストフードアワード2018」

20歳未満の飲酒は法律で禁じられています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

今年2018年からスタートした、もぐナビ「ベストフードアワード2018」。

この1年間で、「もぐナビ」に寄せられた14万9148件のクチコミ投稿を元に、人気の食品をランキング形式で発表しました!

「ベストフードアワード」結果発表!

※集計期間:2017年11月1日~2018年10月31日

 

  • 総合大賞:森永乳業『ピノ』
  • 総合2位:日清食品『カップヌードル』
  • 総合3位:ハーゲンダッツ『ミニカップ バニラ』

受賞対象となるのは「総合+10カテゴリ・37部門」。定番品はもちろん、今年登場した限定商品もランクインしています。

ぜひ結果発表ページからチェックしてみてください!

「ベストフードアワード」発表ページ

注目の商品をピックアップ!

当記事では、「ベストフードアワード2018」にランクインした商品の中から、注目の5品を紹介します!

 

中華まん部門1位:ローソン『ポムポムプリンまん カスタード味』

中華まん部門では、サンリオとコラボした、ローソン『ポムポムプリンまん カスタード味』が首位に!

可愛らしい見た目をしていますが、その味わいもクチコミで高い評価を得ています。

その他、コンビニ各社から発売される“キャラまん”は、発売のタイミングで、Twitterで爆発的な拡散が起こり、トレンドに乗る傾向にあります♪

 

スナック部門1位:カルビー『ピザポテト 濃厚チーズ味』

スナック部門の1位は、昨年10月に発売した、カルビー『ピザポテト 濃厚チーズ味』が選ばれました。

約1,000名のピザポテトユーザーが冬に食べたい味として選ばれた『濃厚チーズ味』。4種類ものチーズを組み合わることで、風味豊かでクリーミーな味わいに。

次いで人気を集めたのは、YBC「エアリアル 濃厚チェダーチーズ味」。ポテトチップスは、濃厚なチーズ味が多くの人に好まれるようです。

 

サラダチキン部門1位:ローソンセレクト『サラダチキンスティック バジル』

サラダチキン部門の1位は、ローソンセレクト『サラダチキンスティック バジル』でした!

最近ではバジル味以外に、チーズ味やトムヤムクン味といった、今までになかった味付けのサラダチキンが増えてきています。

他にも、サーモンなどの魚を使った「サラダフィッシュ」タイプや、いつでも食べやすい「スティックタイプ」が発売されるなど、まだまだ伸びしろのある注目の分野です。

 

炭酸飲料部門1位:サントリー「南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー ペット500ml」

2018年は空前の炭酸水ブーム。その中で1番人気だったのが「南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」。

甘いフレーバーの炭酸水が多い中、ジンジャーの味わいがしっかりと利いていて、食事中でも飲みやすいのが特徴です。

炭酸が強く、飲みごたえが十分にあります。

 

お酒部門1位:アサヒビール『贅沢搾り グレープフルーツ 缶350ml』

お酒部門の1位は、アサヒビール『贅沢搾り グレープフルーツ』でした!

「アサヒ贅沢搾り」シリーズは、果実1/2個分もの果汁を使った、みずみずしい果実感を堪能できます。

再現度が高く、果物そのものを食べているような味わいが特徴。

その一方で、お酒部門2位には、甘くないチューハイの本命、KIRIN『本搾り ピンクグレープフルーツ』がランクインしているのも面白いですね♪

2018年の「美味しいもの」を振り返ろう!

「ベストフードアワード」では、今までになかったトレンドの食品に負けず劣らず、昔ながらの食品が数多くランクインしています。

今どんな食品が美味しいのか気になる方は、ぜひ他のカテゴリのランキングもご覧になってみてください♪

「美味しいもの」をまとめてみる!

 

その他の注目ニュース

  • 関連記事

  • アクセスランキング

  • 新着記事

おすすめ情報
【PR】

もぐナビニュース